DM発送代行について学ぼう

マーケティングツールとしてのDMの強み

マーケティングツールとしてのDMの強み ⅮMは個人や法人に、カタログや商品案内などを送り届ける紙を媒体とした広告の手段です。DMのマーケティングツールの強みは、他の紙媒体である新聞や折込広告よりも、広告を見てもらいたい人をより具体的に決めて送られることにあります。発送するリストさあれば新聞や折込広告が絞り込める地域、居住状況よりも個人や企業と事細かく送れます。送れる精度が上がると言うことは、広告を見ないと思われる人には最初から送り届けないので効率もよいです。DMは市場としての規模は小さいです。規模が小さいからと利益を得ることを期待できないわけではありません。得られるリストによっては必要な情報を必要な人にだけ送り届けることが可能な広告と言えます。必要な人に情報が送り届けられるので、その情報が必要な人に届くため成約率が上がることや見込み客となり次回以降の購入につながることもあるでしょう。非常に有効なマーケティング手法と言えるでしょう。

DMとMAを連携する形が増えている

DMとMA(マーケティングオートメーション)を連携する形が増えている DMとマーケティングオートメーションを連携することにより、売上向上を目指す企業が増えています。リードの選別や購買意欲の喚起を行えるMAは、企業の営業活動を効率化していきます。自社のサイトを訪れたユーザーに、適切な教育を施すのが、MAで用いられるリードナーチャリングなのです。顧客に対して教育を行う手法には、メールによる教育だけではなく、DMを用いるケースも多く見られます。電子メールでの教育とは違い、郵送物による販促は、高い開封率を誇るものです。相手にダイレクトメールを送る際には、送り状に工夫を施すことが大切です。読み手が興味を惹いたり、特別扱いをされている意識を持たせたりできる文章を作成することが必要なのです。営業活動をコンサルティングする会社では、自動営業とダイレクトメールの連携についてのコンサルティングも行っています。自社が意図する販促活動のイメージに従った、適切なカンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

新着情報

◎2021/5/27

DMを送るメリット
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

見てもらえないDM
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「DM マーケティング」
に関連するツイート
Twitter

【固定ツイートを引用RTしてくれた方限定】【本日限定】 過去に1500円で販売していたコンテンツマーケティングのノウハウ配ります。 実践すれば普通に利益でます 引用リツイートしてくださった方にDMで送り付けます😏

【今日のマーケティング事例】 紙DMは「プロモーションだけ」では成果が出ない

おひさ~😸 企業案件でライティングしてみたいライターさん探してるんだけど、興味がある方いたらDMください❕ 募集企業

WEB マーケティング SNS では自分でいいねを押す。 やり取りがあるとタイムラインに表示されやすくなる。 自分でいいねを押す。いいねを押してもらう。コメントを入れる。DM をする コメントをもらう。いいねをもらう。シェアを頼む

DMの定型文で誘導するのは言ってみればスパムそのもの。マーケティングとは真逆の考え方の数撃ちゃ当たるというやつです。 多数の人がやってますので差別化にもならないし、またかと呆れられるの必須です。 というか、gmailとかならスパム判定食らって迷惑メール行きレベルの行動ですよ。